トップイメージ

銀行又は金融機関が発行するカードを使いお金を借りる時に、どれほどの金利でお金の借入れを行っているか分かっているでしょうか?銀行又は金融機関が発行するカードを作るケースに、金利を意識して、どの業者に頼むか考える人はたくさんいるでしょうが、実際個人向けのカードを活用する際には、ほとんどの方は何も悩まずに「お金がないから借りるんだ」と活用しているのかもしれません。

お金を返す時に月々これだけ支払えば良いと漠然と支払っている方が多いはずです。

頭のどこかでは金利が掛けられている事を知っていても、それを感じながら支払ってる人は珍しいように思います。

「どこの業者の個人向けのカードローンも差異がないだろう」と考えている人もいるはずですが、よく思い出してみてください。

個人向けのカードをの手続きする際には、どの金融会社が利子が安いのかチェックしたはずです。

数は少ないとは思いますが、初めに見つけた企業に申し込んだ人も少人数とは思いますがいます。

金融会社によって設けられた利子は違うのです。

そしてその利子の枠の違いは数%にも及ぶのです。

結局使用するなら金利の少ない方がリーズナブルなのは当然で、条件さえ合えば相当低い金利で使える会社もあるはずです。

ここで複数社の金利を比較してみます。

金融会社系の会社はよくあるケースで5.3%〜14.6%の幅の利率枠となっています。

ご覧の通り最低利子で2%弱、最高金利だと4%もの開きがあります。

どう思いますか?これほどの範囲があるなら、やはり金利の安いカードを使った方が良いのではないでしょうか。

ただし各業者の申し込みの場合の審査内容やサービスに差異が有りますので、その事は理解しておく必要があるのです。

消費者金融には1週間以内に返済できれば無金利で何回でも使用可能サービスを揃えている所もあり、一定時期しか借りないで良い場合は、無金利で借りられる所を見つた方がお得です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.rideinfusion.com All Rights Reserved.