トップイメージ

私は在宅ワーカーとして、要介護者である祖母の世話をしています。

世話と言っても何から何までするわけではなく、プロの介護会社の方が平日は毎日来てくださり、祖母の入浴やトイレなど大変なことを代行してくれています。

私がやるのは食事の世話とたまにトイレに連れて行くぐらいなのでそう大変ではありません。

でも時々は大変さにへこたりそうになる時もあります。

それは祖母がおむつの中に大量の大便をした時です。

祖母は歳のせいか、はたまた普段寝たきりなせいか、常に便秘がちです。

それがダムが決壊するかのように一度に大量に出る時が来るのです。

その時は処理が大変でなりません。

いくら拭いても拭いても大便がとりきれませんし、当然手についたりもします。

しょうがないですけどね。

でもその後の祖母はとてもすっきりした様子で嬉しそうに大便が出たこと、便秘が何日続いていたかを話します。

やっぱり出すもの出さないと苦しいというのは老いも若きも違いないようです。

その祖母の明るい様子を見ると全てを許せるというか。

いやはや祖母の介護をしていて良かったなと思う瞬間です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.rideinfusion.com All Rights Reserved.